解決事例集

ご相談および解決事例集

【ケース 1】 居宅介護支援事業所ケアマネジャーよりご相談
夫婦で施設入居を考えているが、任意後見人は身元保証人にはなれないので困っている。 【PDF】

【ケース 2】 司法書士事務所よりご相談
任意後見契約を予定している方の、身元保証・生活支援および死後事務委任をお願いしたい。【PDF】

【ケース 3】 施設紹介会社よりご相談
入居予定の男性。妻はいるが身元保証人を拒否。娘からも断られた。他に頼れる親族がいないため困っている。【PDF】

【ケース 4】 急性期病院 MSWよりご相談
救急で入院している50代男性。リハビリ病院へ転院させたいが、身寄りのない方なので困っている。 【PDF】

【ケース 5】 施設紹介会社よりご相談
入居検討の女性。遠方に住む親族が身元保証人になってくれるが、緊急時の対応が難しい。
終活コンシェルジュさんで代行していただけますか? 【PDF】

【ケース 6】 老人ホーム施設長よりご相談
現在入居している方の身元保証人が辞退を申し出てきた。親族からも拒否され困っている。
持病のある方なので、入院や手術時の対応をお願いしたい。 【PDF】

 

地域包括支援センターからのご相談・解決事例

【事例1】
施設に入所したいが、身元保証人がいない 【PDF】

【事例2】
緩和病棟に入院予定だが、身元保証·医療同意を頼める人がいない 【PDF】

【事例3】
同居している息子から暴力を受けている女性 【PDF】

 

居宅介護支援事業所からのご相談・解決事例

【事例4】
ALS療養中の男性。万が一に備え、身元保証·死後事務委任を頼みたい 【PDF】

【事例5】
入院・手術の際の身元保証人・手術同意書を頼める人がいない。
また、亡くなった時の葬儀や納骨、家の片付けについて決めておきたい 【PDF】

【事例6】
視力障害があるため、今のうちに様々な手続きを終わらせ、施設に入りたい 【PDF】

【事例7】
家事もこなせ、お元気に暮らしているが、もしもの時の緊急連絡先がない。
身元保証·死後事務委任を頼みたい 【PDF】

【事例8】
生活保護が打ち切りになるため、今後入院の時や現在入居中の高齢者住宅で身元保証人を求められたら困る 【PDF】

【事例9】
入院をきっかけに、亡くなった後の事やお墓の事などを意識するようになり相談を受けた。
身元保証や死後事務委任についての説明をしていた
だけますか? 【PDF】

急性期病院MSWからのご相談・解決事例

【事例10】
自宅で倒れたご主人が救急搬送され入院。奥様は認知症のため、退院後に自宅で生活するのは困難。
入院費も未払い、退院期日も迫っている 【PDF】

終活コンシェルジュの『高齢者サポートサービス』

よくあるご質問 【PDF】
ご契約・サービス開始までの流れ 【詳細はこちら】